2021年2月6日土曜日

2021年IST日程

※2/8: 10月の開催日を変更


フリートキャプテンの山村です。

2020年は投稿がなかったですね。

2021年のIST日程が暫定ではありますが、決まりましたのでお知らせいたします。


【IST日程】

3/28(日) テーザー運営

4/29(木・祝) レーザー運営

5/15(土) テーザー運営

6/27(日) レーザー運営

7/22(木・祝) テーザー運営

8/15(日) レーザー運営

9/5(日) テーザー運営

10/10(日) レーザー運営

11/14(日) テーザー運営

12/4(土) レーザー運営

予備: 9/23(木・祝)、11/27(土)


2019年6月23日日曜日

2019年6月IST(2回目)

今月2回目のISTです。
北西の風、くもり。朝はベタっとしていて風向定まらず。昼前にそよそよっと入ってきて、第3レースのころには5mぐらい。潮は風上方向(陸に向けて)に流れていたようです。
優勝の池田・山村組は久々のコンビでの出場となりました。相変わらずヘルムは1レースごとに交代のスタイルです。
それを上回る久しぶりの登場だったのが金子さん。井上さんがワールドに向けて葉山で練習することになったため、亀山さんの要請に答えて2レースだけ参加してくれました。

レース結果
2880 池田・山村 1-2-1-1
2881 軽部・軽部 3-1-2-2
2749 野口・杉田 4-4-3-3
2593 金子・亀山 2-3-DNC-DNC
(各レースの得点は記憶ベースなので違ってたらお知らせください)

運営艇のヌーボーに不具合発生です。
第2レース終わった後ぐらいに、ヌーボーのエンジンがかからなくなりました。原因は不明です。→セルモーターを取り付けている部分のボルトが緩んでいたのが原因とのこと。
マークはレース艇が打ち換えてレースは続行しましたが、終了後はハーバーの監視艇に曳航してもらっての帰港となりました。

2019年6月8日土曜日

2019年6月IST(1回目)

2019年6月8日(土)

5月のISTがアーリーサマーレガッタの日程と重なったため、この日に延期されました。
朝のうちは小雨でしたがレースするころには止み、北西の軽風のちフルハイクのコンディションでした。
この日は舵社から取材がありました。8月号(7月発売予定)にテーザーを取り上げた記事が掲載されるようです。
2881艇は色々写真を撮られ、テーザーの特徴的な艤装品の取材を受けます。
レースの方は軽部艇が先行し、森田艇の追い上げを何とか抑える展開となりました。最終レースのころにはしっかりハイクアウトするぐらいになって、その後の撮影も何とか絵になったと思います。3艇揃ってカメラの枠に収まるようにセーリングするのって意外と難しかったです。しかも笑顔キープです。モデルはすごい…って思いました
ちなみに森田君はレース後に「こいつ(クルーの淡路さん)、取材のカメラマン来てるからって普段よりハイクアウトしてるんですよ!」と言ってましたが、みんなそんなものです。むしろカメラあるのに意識しない方がどうかしてる。
レース後もTOYのトロフィーの撮影したり、インタビュー受けたりしてました。出来上がりが楽しみです。

2881 軽部・軽部 1-1-2-1
2745 森田・淡路 2-2-1-2
2593 亀山・井上 3-3-3-3
運営:池田、野口 & 舵社の森口様、宮崎様

2019年5月26日日曜日

2019年度アーリーサマーレガッタ

2019年5月25-26日

新潟でアーリーサマーレガッタが開催されました。2年連続での新潟開催でした。
残念ながら今回はまさかの2艇(!)のみの参加となりました。

土日とも天気は快晴でした。風は残念ながら微軽風に終始しました。前の週の平日は20ノット近い風が吹いていたようなんですけどね。うまくいきません。
稲毛から軽部チーム、大阪北港から石川さんが参加しました。石川さんはまさかの合計体重150kgの重量級。
初日は3レースやりました。3レース目で軽部チームはまさかのリコール。出たかな?と思ったのですがU旗だったのでもうどうにもならず、そのままレースしたらやっぱりね、という結果でした。そこまで攻める必要もない、まったく不要なリコールでした(その前に石川さんに下から突き上げられていて、してやられたりといった面もあります)
レセプションは夕日を見ながら


2日目は観覧艇も出ていました。フィニッシュすると子供たち(主に新潟のジュニアセーラーだったようです)が拍手してくれたりして、ちょっとうれしい感じでした。この日は1レースのみ実施。2レース目はハイクアウトコンディションでスタートしますが、サイドから下に向かう頃にはベタベタで下マークに貼り付きそうになったところでN旗掲揚。その後も安定する見込みがないことから終了となりました。

結果は軽部チームが総合、マスタークラスともに優勝!
賞品のワインと参加賞として笹団子をいただきました。

Photo by レーザー仙台フリート 二瓶さん

2019年5月18日土曜日

コンテナバンニング

2019年5月18日(土)
稲毛での話ではないのですが…。

イギリスワールドに向けて日本から参加する艇の積み込みを江の島で行いました。
ヨットハーバーの隣(道路を挟んだ対面)のコンテナヤードで作業しました。
参加艇のメンバーは午前中から準備をして、お昼ごろにコンテナが到着、午後からサポートメンバーも集まり結構な人数で積み込みました。
コンテナヤードはオリンピックに向けて整備されていました。海外チームのものと思われるコンテナも置きっぱなしになっています。コンテナを留めておくような装置(写真忘れた)も路面に設置されています。前に台風が来た時にはこの装置は無く、コンテナがどんぶらこどんぶらこ、、と流れていたとか。その後で急遽対策されたようです。

イギリスワールドへ日本からは今回は5艇が参加します。稲毛フリートからは井上さんが参加することになりました。デラマンチャYCの山本さんとのコンビです。
井上さんはずっと連続でワールド参加してますね。2009年の和歌山からでしたっけ?がんばってください。

ワールドは7月27日から8月3日までイギリスの Hayling Island で開催されます。
ホームページではトラッキングデータを公開する予定のようですね。
http://tasarworlds2019.org/



2019年5月12日日曜日

2019年度スプリングレガッタ

10連休の最初の土日に葉山で行われました。
稲毛からは4艇(とプロテスト委員兼運営で田中さん)が参加しました。
結果は軽部チームが優勝。初遠征となった森田・淡路チームも大活躍で、第3レースではトップフィニッシュを飾りました。
1位 2881 軽部・軽部
6位 2745 森田・淡路
13位 2593 亀山・井上
17位 2749 野口・杉田

初日は予報ほど風が吹かず、第1レースこそしっかりハイクアウトしましたが、その後は軽風コンディションでした。北東でだいたい60度ぐらいの上マーク設定だったかと思います。一日中雨が降っていて、体感では真冬並みの寒さでした。
2日目は晴天で午前中は北の軽風、昼ごろから南に回って5mぐらいまで上がりました。
両日とも3レースずつ実施。前年の全日本の時と比べると陸に近い海面だったため、陸風の時は振れとブローのムラが大きかったです。特に2日目の最初のレースは数艇身離れたところにいるだけで、ブローに乗れるかどうかの差が大きく、順位変動が激しかったように思います。

成績表と写真はJTAホームページから。

2019年4月IST

1位 2881 軽部・軽部 1-1-2 4pt
2位 2745 森田・淡路 2-3-1 6pt
3位 2593 亀山・井上 3-2-3 8pt
4位 4565(470) 4-4-DNC 13pt

南の軽風で3レースやりました。
第3レースのサイドマーク回ったころからベタって、2上で短縮フィニッシュとなりました。
帰着してから翌週のスプリングレガッタに向けて船積み。森田号は初のカートップでした。